もみじこども園

保育の特色

もみじこども園の保育方針

保育理念
 豊かな人間性と生きる力を育む保育・教育

・一人ひとりの子どもの持つ力を伸ばしながら豊かな人間性と自ら行動する力を育てます。
・いろいろな体験を通して考える力を育てます。
・保育全般を通して友だちを思いやる心を育てます。
・基本的な生活習慣を身につけ生きる力を育てます。
みんな良い子

めざす子どもの姿

保育目標
・健康で素直な子ども
・感謝の心を持った子ども
・友達と仲良く遊べる子ども
・興味を持って最後までやり通す子ども
・いきいきと自分を表現する子ども


こども園では、子どもたちが主体的に楽しく過ごせるよう 『生活の場と遊びの環境』を整え、保育・教育を行っています。一人ひとりの子どもたちの'今'を大切にし、望ましい未来をつくりだす力の基礎を培う時期と捉え、子ども自身から伸びてゆく力が発揮できるように、家庭・こども園・地域が手をつないで協力し合うことを大切にしています。

保育の特徴

豊かな人間性と生きる力を育む子どもの時間
健康な体
外あそびだいすき
言葉による伝え合い
おみせやさんごっこ
協同性
かき氷やさん
自然との関わり生命尊重
カレーパーティー
豊かな感性と表現
運動会を終えて
思考力の芽生え
しゃぼんだまあそび
達成感を持つ自立心
積木あそび
社会性との関わり
おもちつき
道徳性、規範意識のめばえ
だいじょうぶ?
数量、図形、文字等への関心、感覚
おいも収穫
基本的な生活習慣が身につくように
子どもたちにとって、長い時間を過ごすこども園は、家庭とともに大切なもう一つの生活の場。職員やまわりの子どもたちの協力や励ましなどで、トイレトレーニングが自然にできたりと、基本的な生活習慣が身についていきます。
一人ひとりの成長に合わせて丁寧に関わっていきます。
給食
食事は愛のメッセージ
乳幼児期の食生活の役割 1.健康なからだをつくる 2.正しい食習慣を身に付ける 3.食物に親しむ 4.豊かな人間性を育てる

・年齢や月齢に応じて、手づくりのおやつや給食の提供を行っています。いろいろな食品や味になれるようバランスのとれた食事づくりをしています。
・旬の食材を大事にし、加工食品をなるべく使わず、手作りを心がけています。だしは、いりこ、カツオ、昆布でとっています。味付けは塩分を控えて薄味にしています。
・昔からの懐かしい栄養豊かな料理や郷土料理を取り入れ、地産地消運動に取り組んでいます。
・アレルギー食は、医師の指示に基づいて対応しています。また、離乳食は、一人ひとりに合わせて家庭と連携をとりながら行います。
完了期
食育
このページのトップへ